4.テスト飛行と設定(1)

風景はしょぼいし、操縦もやり辛いですが、スタートですので我慢して下さい。。

 

(1)テスト飛行

とりあえず、好きな飛行機で自由に飛んで見ましょう!
燃料搭載量は最初「満タン」になっていますので30%位まで燃料を減らして飛んでください

 

 


①すぐに飛ぶ場合左のメニューの「フライトの作成」からです。
 機種・空港・気象・時刻を好みに合わせます。


③その下の「燃料とペイロード」をクリックして「燃料とペイロード」設定
 画面から「燃料変更」 をクリック。現れた燃料搭載更画面で燃料が「満
 タン」になっていると思います。

 ここで燃料を減らしてください。
 燃料を搭載すればするほど飛び辛くなってゆきます。
 リアルでも必要量しか搭載しません。


 例えば30%程度の数字を入れてOK、次の画面もOKで、元の「フライトの
 作成」画面を出し、右下の「フライト!」をクリックして飛行開始となり
 ます。


④全画面表示になっている場合は、先ほどと同様「Alt」を押しながら
 「Entrer」を押してメニューバーの有る画面に切り替えてください。

 全画面時に「Alt」を押してメニューを出すこともできますが、暫くメニ
 ューバーの有る画面を使用することをお薦めします。


⑤いきなり飛んだ方は、なかなか上手く飛べなかったのではなかったでしょう か。まあ、私も。。。。(笑)


⑥左のメニューの一番上「はじめに」をクリックすると先ほどの「大空への
 第一歩」の画面に戻ります。

 ここで「イントロ」フライトをクリックするとフライト・レクチャービデ
 オが始まり実際にFSを使用しながらの教習フライトに誘導されて行きます。

⑦ただ、この時点では未だ以降に記載の「設定」が済んでいませんので、
 最適状態での飛行ではありません。