サブパネル下部延長方法

 

 

1.5画面化した際にサブ・モニターの下側に出来る余白をSubPanelの下方を追加延長し、そこにゲージ(メーター類)を載せる方法をB737-400の例で説明します。

モニターはメインがHD1920×1080、サブモニターが1024×600の場合です。

ホルダー内で既存.bmpとpanel.cfgを弄りますので、簡単に元に戻せる様に
panelホルダーごとコピーを作り、バックアップとしてどこかに保管しておいて
ください。




1.サブパネル下部延長

 

①対象となるpanelホルダーを開きます。

 次にSubPanelのベースに指定したMain_1024.bmpファイルのコピーを同
 じpanelホルダー内に作り、名前を例えばMain_1024a.bmpとします。
 (末尾にaと言う文字を加えただけですが、、、)

     元となるMain_1024.bmpをペイントで開き加工した後に新しい
     名前(Main_1024a.bmp)で保存しても同じことですが、作業途
     中で上書き保存してしまいますと「元」が無くなってしまいます
     ので、慣れるまでは先にコピーを作ってそれを加工することをお
     薦めします。

②コピーして新しく作ったMain_1024a.bmpファイルを「ペイント」で
 開きます。

     Main_1024a.bmpファイルを右クリックして中ほど「プログラム
     から開く」その右で「ペイント」を選択クリックします。
     「ペイント」の画面が開きMain_1024a.bmpが加工できる状態に
     なります。

 


③右下を引っ張りウインドを加工作業がし易い大きさにします。
 上のメニューから「変形」を選びさらにキャンバスの「色とサイズ」をク
 リックします。
 ここでキャンバスの大きさを指定・変更することができます。


④「高さ」の数字を今回の例では600に変更して「OK」をクリックします。
 これでMain_1024a.bmpは1024×600の大きさになりました。


⑤追加延長された下部分に、まだ色が付いていないので色を付けます。

     時間がないときの簡易作業としては、、、(通常作業は⑥へ進む)

     左側アイコンからスポイトマーク(色の選択)を左クリックして、
     追加された白い場所のすぐ上くらいの場所(ゲージの無い場所)
     でもう一度左クリック。(これでその場所の色を選択しました)

     次に、左側アイコンから色をこぼすアイコン(塗りつぶし)を左
     クリックしてを追加部分の白い場所に移動してもう一度左クリッ
     クして、白い場所の色を選択した色に変えます。
     .bmpの簡易作業はこれでお終いです。

     左上の「ファイル」から上書き保存して「ペイント」を終了して
     ください。そして⑦に進んでください。

      ※多くの場合、パネルの色は単色の無地ではないので色の選択
       場所の僅かな違いで選択される色が異なります。
       既存部分と追加部分で色の違いで違和感がある時は、色の選
       択と塗りつぶしの作業を繰り返してしっくり来る色を探して
       見てください。



⑥通常の作業としては、左側アイコンで上の方の点線の四角(選択)を左ク
 リックした上で、追加部分の白い場所の直ぐ上くらいのところで無地のエ
 リアを選択してください。
 選択の仕方は左クリックしたまま斜めにドラックです。

 次に右クリックで「コピー」を選択、もう一度右クリックで「貼り付け」
 を選択。 



 すると作業エリア内左上に先ほどの選択部分のコピーが表示されます。
 これを左クリックして白いところまでドラックして放します。
 そしてもう一度、右クリックしますと白い部分に下ろした色が定着すると
 ともに左上に新たにコピー部分が現れます。
   うまく行かなかったときは、左上「編集」から「元に戻す」です。

 それを、再度下に移動させ白い部分を埋めてゆきます。
 左右と下ははみ出してもはみ出した部分は無視されるので、気楽にやって
 ください。

 下にある程度の着色部分が出来たら、その部分を新たに(先ほどより大き
 く)選択して大きなブロックとして貼ることもできます。



 既存部分と接する部分は最後に拡大して行うと良いでしょう。
 上メニュー「表示」から「拡大」「カスタム」で表示倍率を選び拡大して
 綺麗に継ぎ目を合わせます。

 そして、白い部分全体の色付けが終わりましたら左上の「ファイル」から
 上書き保存して「ペイント」を終了してください。
 .bmpの作成は終了です。


⑦次にpanel.cfgを開きます。
 1.5画面作成時に下記追加記述をしましたが、

[Window07]
file=Main_1024.bmp
size_mm=640
window_size=0.533,0.464
position=7
visible=1
ident=100


このなかのfile=Main_1024.bmp部分ですが、
指定しているファイルを今程作成したファイルに変更します。

file=Main_1024a.bmp

次にwindow_size=0.533,0.464部分も指定ファイルのサイズが変わりまし
たので変更します。
window_size=0.533,0.556

今回での計算方法は、600÷1080≒0.556 です。

パネルを下に延長するのみで、ゲージを追加するだけでしたらこれで作業終
了です。
変更を保存して終了してください。

今回の例でのWindow07は以下のとおりとなります。

[Window07]
file=Main_1024a.bmp
size_mm=640
window_size=0.533,0.556
position=7
visible=1
ident=100

※この下のゲージの記述は変更ありません。


(下部が延長されたパネル)





 

2.ゲージの追加

追加延長した部分にゲージを載せる方法を紹介します。
専用ソフトを使えば簡単なのでしょうが、ソフトを持っていませんので手作
業で行います。

例として同機のオーバーヘッドパネルのスイッチ類を載せます。
持っている機体のゲージスイッチ類でしたら何でも載せられますので、
本来なら、お手持ちのゲージ類でお気に入りでかつ作業のし易いものを載せ
たら良いでしょう。
(特別な仕掛けやPMDGなど、MSのケージ基準を使用しないゲージ
 は除く。)

①ゲージの基本的な配置ルール。
(また後日、追加で説明します。)

 

②Window07はgauge40までなので、gauge41からgauge49までを
 結果的に以下のとおりの記述を加えます。
 これによりスクリーンショットの様に左下にスイッチ類が加わります。

gauge39=SimIcons!Avionics Icon, 222, 10
gauge40=SimIcons!GPS Icon, 236, 10//←ここまでが従来あった記述。

gauge41=737-400!Strobe Lights, 18, 327
gauge42=737-400!Navigation Lights, 45, 327
gauge43=737-400!Landing Lights, 67, 327
gauge44=737-400!Beacon Lights, 93, 327
gauge45=737-400!Deice Switch, 119, 327
gauge46=737-400!Pitot Heat, 146, 327
gauge47=737-400!Fuel Crossfeed, 167, 328
gauge48=737-400!Engine Start Left, 219, 334
gauge49=737-400!Engine Start Right, 273, 334


③gauge41から49の内容はWindow04のゲージ内容を転記したものです。
 先ず、Window04のコピーしてきたgauge00から08までの9つのgauge、
 これらについてgaugeの次の番号を41からの通し番号に変えます。
    gauge00→gauge41 等々

 この段階では全てのゲージの左からの距離はそのままにします。 
    今回では右側に並んでいる2つの数字の左側が左からの距離です。
    2つ目の数字が上からの距離です。

 次にコピーしてきた番号の若いgauge41から46までの6個のケージ、
 上からの距離が全て「13」なので、従来からあるゲージで下のほうに配
 置されているゲージの上からの距離を参考に、この辺かなと思う数値を
 幾つか入れてみて一旦、全て終了させ表示させ位置を探って見ます。


画面左下に5個のスイッチが追加されました。
しかし、一番左にあるはずのスイッチは表示されません、「上からの距離」
が不適切すぎました。

「上からの距離」の数字的にはgauge42に記載した数字より大きく
 gauge43に記載した数字より小さい数字が適切と予想がつきます。

 また、gauge43、44、45は「左からの距離」もほんのちょっとだけ
 大きくし右に寄せたほうが良いとの予想もたちます。

 この結果から上下左右の微調整を行い、同様の方法で右側3つのセレク
 ターを追加しました。

※右側3つのセレクターの「OFF」や「GEN」等々の文字のプリントは、
 ゲージに付帯するものなので問題無いのですが、左側のトグルスイッチ
 の上下等に記されている文字はpanelホルダー中のupper_640.bmpによ
 り描かれているものでした。

 この為、上記の作業のみでは、トグルスイッチの上下に記されている文
 字や右側セレクターの上に描かれているENGINE STARTなどの文字は
 記載されません。
 
 別途、Main_1024a.bmpの上にupper_640.bmpのコピーを調整して張
 り付ける作業が必要です。

以上です。お疲れ様でした。